お問い合わせ

お客様インタビュー

高橋文宏社会保険労務士事務所 高橋文宏様インタビュー

高橋文宏社会保険労務士事務所 高橋文宏様

インタビュー企業概要

企業名:髙橋文宏社会保険労務士事務所
業種:社会保険労務士
所在地:千葉県茂原市
代表者:髙橋 文宏

髙橋文宏社会保険労務士事務所について

社会保険労務士、髙橋文宏さんの経営する個人事務所。キャリア形成促進助成金の活用サポート、研修プログラムの作成サポート、人材育成に関する助成金相談などキャリア形成関連の専門家として業務を行っています。

インタビュー

聞き手:株式会社 グットアップ 代表取締役 榎本 元
語り手:髙橋文宏社会保険労務士事務所 代表 髙橋 文宏さん
対談日:2015.06.16

2度目の発注で縦長ランディングページにチェンジ!

高橋文宏様

榎)髙橋さんのウェブサイトは合計2回、弊社グットアップで制作させていただいていますよね。

髙)ええ。平成24年にはじめてお願いして、昨年はそのサイトを縦長ランディングページへ変更してもらいました。

榎)サイトを縦長ランディングページに変えたきっかけは何でしたか?

髙)やっぱり、ちょっと目をひくじゃないですか。当時は今ほど数もなかったので新鮮だったということと、「グットアップさんの縦長ランディングページがけっこう良いらしい」という評判もちらほら聞こえてきたからです(笑)

榎)縦長ランディングページを最初に見た感想はいかがでした?

髙)うーん、「見た目は面白いけど、ちょっと情報商材っぽく見られるんじゃないかな〜?」とか(笑)、正直に言うと最初はちょっと抵抗もありました。

榎)ははは。確かに正直な感想ですよね。

髙)ただ慣れてくると、なんとなく最初から最後までスクロールして読んじゃうっていうのはすごいなーと思いましたね。あとうちの家内は1ページで内容が完結しているので判りやすいとも言っていました。

榎)良い反応もあってよかったです。そのほかに縦長ランディングページの発注で気になったことはありましたか?

髙)費用ですよね、やっぱり。制作費のほかにリスティング広告もあるので、費用がかかると言うのはわかるんですが、毎月のことなのでどのくらいになるのかちょっと心配でした。

榎)費用対効果ということですよね。その辺りは納得されていますか?

髙)ええ、払えないほどではなくて安心しました(笑)。そもそもサイトに費用をかけた以上の集客・収益があれば良いことなので、サイトで集客できれば何の問題もないんですよね。そう言う意味ではある程度費用をかけてもキチンと集客設計ができるプロの方に制作してもらったほうが絶対いいと私は思っています。

榎)ありがとうございます。

削ったり、捨てたり、絞ったりすることが大事!

高橋文宏様

榎)昨年8月に発注いただいて公開が9月でしたが、ウェブサイトを縦長ランディングページに変えたことでお客さんの反応は変わりましたか?

髙)ええ、やはり分りやすい、見やすいというのはよく言われますね。

榎)情報をかなり絞っているのがポイントでしょうね。

髙)その辺りは、ホントにプロにお任せして良かったなぁ〜と思うんですよ。お客さんからすれば欲しい情報だけあればいいわけで、余計な情報はいらないんですもんね。

榎)そうなんです。お客さんが知りたい内容と、こちらが伝えたい内容が必ずしも一致するとは限らないので。

髙)ええ。だからお客様目線の考え方とか、情報の見せ方とかを考えるのは、業界にどっぷり浸かっている私たちだと逆に難しいと思うんです。

榎)客観的に見て、伝えたい情報を削るとか、捨てるってことは、当人だとなかなかやりにくいですもんね。

高)それ、すごく思いますね。原稿だって、もし自分が書いていたら専門知識があるものだからきっとあれもこれも伝えなくちゃ〜って思って、収拾がつかなくなると思うんですよ(笑)

榎)でも、髙橋さん自身も人材育成関係の助成金に特化した社会保険労務士さんなので、ある意味、業務内容は絞っていますよね?

髙)ははは。そうですね。私がやっているのはキャリア形成や人材育成の助成金相談や活用、研修プログラム作成サポートだけですからね。ほかの社会保険労務士の方からも「それだけでやっていけるの?」ってよく言われます。

榎)専門があったほうが強いのはウェブも仕事も同じですよね。

髙)ええ、その通りですね(笑)

お問い合わせの増加により、営業スタイルも変化

高橋文宏様

榎)縦長ランディングページに変えたことで、お問い合わせの数や質に変化はありましたか?

髙)ありましたねー(笑) それまでのサイトも月に4〜5件のお問い合わせがありましたから、悪くはなかったのですけど(笑)、縦長ランディングページに変えたことでお問い合わせ数がじわじわ伸び、年明けには2倍以上になりました。

榎)じわじわ来ましたか。チューニングの効果もあるんでしょうね。

髙)はい。グットアップさんはサイトの制作も素晴らしいんですけど、私は公開後こそが本領発揮の場だなと思っています。

榎)そう言っていただけるとうれしいですね。サイトをなるべく早く公開して、そこから取ったデータをもとに成果をあげるサイトに導くのがグットアップの手法ですから。

髙)ええ、だから問い合わせが増えるのは予想していたんですが、はっきり言ってここまで増えるとは思いませんでした。おかげで、なんか仕事のスタイルまで変わってきましたよ。

榎)変わってきたというのは、具体的にどういったことでしょう?

髙)んー、以前はお問い合わせが来たら、そこでなんとか次に会う約束をとりつけて「とにかく会って営業する!」ということばかりを考えていたんですけど(笑)、今は問い合わせが多いので、そもそも全員には会えなくなっちゃって・・・(笑)

榎)なるほど。うれしい悲鳴というやつですね(笑)

髙)先月はウェブから18件のお問い合わせをいただきまして、さすがに全件対応するのは無理なので、ちょっと言い方は悪いかもしれませんけど “お客さんを選ぶ”ようになってきました。

榎)いいですね。成果をあげるには、それも重要なことだと思いますよ。

受注の9割がウェブからのお客さまへ

高橋文宏様

榎)受注につながっているお客様って、今はウェブとアナログとどのくらいの割合なんですか?

髙)今はウェブからが9割です。9割ですよ! もうほぼウェブからのお客さまと考えて良いと思います。

榎)それは圧倒的な数字ですね!

髙)縦長ランディングページに変える前は6割くらいでしたからすごい変化だと思います。リアルな営業をしなくてもウェブからお客さんが来てくれるというのはありがたいですね。

榎)ひとりだと割ける時間も限られますが、ウェブだと24時間営業してくれますしね(笑)

髙)本当にそうですよね(笑)。効率的に利益をあげるためには、質のいい見込み客が来てくれることが一番なんだと思います。

榎)ええ。でもウェブで集客しても、結果的に成果になるかどうかは髙橋さんのお人柄によるところも大きいと思いますよ。ウェブとリアルが噛み合ってこその成果なんですから。

髙)ウェブとリアルですか、確かにそうですね。・・・ということは、私とグットアップさんが組む限り最強ということですね!(笑)これからもよろしくお願いします!

榎)ははは。こちらこそよろしくお願いします!

ウェブを活用して売上アップされたい方へ髙橋さんからのメッセージ

グットアップさんに制作していただいたウェブサイトが、目立つようで(笑)、最近士業になったばかりの方たちに「ウェブ集客や、仕事についてお話聞かせてください」と声をかけられることがあるんです。

それで私なりに何を伝えたらいいのか考えたんですけど、私はウェブも仕事も「コレ!というタイミングは絶対逃すな!」ということに尽きるんじゃないかと思っています(笑)。

私自身、公務員しながら資格を取得したのも、公務員を辞めて事務所を興したのも、事業をキャリア形成関連に絞ってホームページを開設したのも、今思えばすべてコレ!というタイミングがあったからなんです。

特にホームページに関してはある程度コストも覚悟しなくちゃならないので、そこで躊躇してしまうか、タイミング良く決断できるか、そこで大きく流れが変わってしまうと思いますよ。

無料メルマガ 毎日2件お問い合わせがくるためのweb活用術

カテゴリー

メルマガ

グットアップ代表 榎本元著