お問い合わせ

ノウハウ

早くサービス提案ページを作成しなければ・・・

0318

ノロノロとサイトリニューアルを行っていますが、早くサービス提案ページを作成しなければと思っています。

お問い合わせ時の説明が大変

コンテンツ空っぽで、全く告知も集客もしていない当サイトですが、なぜかお問い合わせをいただきありがとうございます。

その際、サイト上にサービスに関する記載が全くないので、当然お問い合わせフォームではサービスに関するご質問をいただくのですが、それに対してメールでご回答するのが非常に困難です。

早くサービス提案ページを作成しなければと反省しております。

グットアップの運用スキームページも作らなければ!

弊社の場合は「サイト制作」ではなく、「ウェブを活用して売上アップの仕組み」の構築をサービスとしてご提供しています。

そのため、サービス提案ページを作る際に、正直、「サイト制作」「リスティング広告運用代行」「ウェブ解析」などとサービスを分断することが難しいです。

ところが、「WEBを活用して売上アップの仕組みを作ります」などと書いても、おそらく読んだ方は何のことやらさっぱり分からないと思うので、なんとか工夫して弊社が行っていることをお伝えしなければなりません。

そのために、グットアップの運用スキームページも早く作らなければいけないなぁ。。

先に運用スキームページを作って、その後に個別のサービス提案ページを作成

弊社サービスの肝は「ウェブサイトの運用」なので、それがどのようなものなのかをサイトに訪れた方がイメージできないと、弊社サービスの価値は伝わらないということになってしまうと思います。

ということは、先に作るべきコンテンツは、サービス提案ページよりも先に、グットアップの運用スキームを分かりやすく伝えるページということですね。

最近、「自分が何ができるのか」という自分中心の視点ではなく、それにより「お客様にどのようなメリットが提供できるのか」という顧客視点で考えるようにしています。運用スキームやサービス提案ページを作成する際も同様にそれを意識して、分かりやすいページを作成したいと思います。

やることいっぱい。ありがとうございます!

榎本元

この記事の著者

榎本元(えのもとはじめ)
長野県飯島町在住。
●縦長ランディングページとリスティング広告の専門家。ウェブ解析士マスター。中小企業庁ミラサポ専門家認定。元・社会保険労務士。
●リスティング広告と縦長ランディングページを組み合わせ、売上アップに直結するサイト運用が得意。ウェブで成果を出すために、ビジネスモデルや商品・サービス企画にまで踏み込み、コンサルティングを行う。

プロフィール詳細はこちら
無料メルマガ 毎日2件お問い合わせがくるためのweb活用術

カテゴリー

メルマガ

グットアップ代表 榎本元著