【士業ネット集客】ニーズ発生から依頼までの流れをイメージしてますか?

【士業ネット集客】ニーズ発生から依頼までの流れをイメージしてますか?
佐藤さん

ネット集客する際の顧客分析では、どのようなことを考えたらよいですか?

顧客分析では、「顧客にニーズが発生してから、あなたの商品・サービスを購入するまでの行動と心理の流れ」をイメージすると良いですよ!

こんにこんにちは!
士業WEB集客コンサルタントの榎本です。

ネット集客をする際、顧客にニーズが発生してから、あなたの商品・サービスを購入するまでの「流れ」をイメージすることが重要です。

なぜなら、ネット集客とは、「顧客にニーズが発生」してから「商品・サービスを購入するまで」の流れを作るのが「ネット集客」だからです。

依頼に至る流れ

顧客は何に困っているのか?
 ↓
その解決策をどのような検索キーワードで探すのか?
 ↓
検索結果画面に、どのような広告文が掲載されていたら興味を持ってクリックするのか?
 ↓
サイト内で何を、どように伝えたら欲しいと思うのか?
 ↓
競合他社はサイト内で、何を、どのように伝えているのか?
 ↓
競合他社のサイト内容を踏まえて、自分のサイトでは何を、どのように伝えるのか?
 ↓
検討させず今すぐ依頼させるには何を、どのように伝えるのか?

ネット集客が苦手な人は、このように「流れ」でネット集客を見れていません。

そのため、自分の言いたいことを言うだけで、顧客のことは無視、競合のことも無視。

それでは上手くいきませんよね。

例えば、行政書士が、新規で飲食店を開業する人向けに「創業融資」の代行業務をネット集客するとします。

「流れ」で考えていない人は、「創業融資代行の◯◯行政書士事務所」というサイトを作って、「創業融資 行政書士」と検索する人向けに広告を行えば問合せがくると考えます。

でも、「流れ」で見るとどうなるでしょうか。

飲食店を開業しようとする人はいきなり「創業融資」と検索しないわけです。

例えば、身近な経営者の知り合いに「お店を開業するにはどうしたらよいですか?」とアドバイスを求める。

すると、「まずは商工会議所に相談に行くと、金利を優遇して融資が受けられるよ」と教えてくれる。

そして、商工会議所に相談に相談して、無事に融資が受けられる。

・・・。

無事に創業融資が受けられてしまっているので、そもそもニーズが発生していませんから、ネット集客できません。

じゃあ、どうするか。

例えば、商工会に相談して創業融資を申し込んだけれど審査が通らずに困っているタイミングを狙います。

それであれば、狙う検索キーワードは「創業融資 落ちた」とか「創業融資 再審査」などが考えられます。

また、広告文は「創業融資の審査に落ちてお困りの人へ」などとするとクリックされるでしょう。

そして、サイト内で「商工会議所に相談したけれど創業融資に落ちてしまい困っている方へ、一度審査に落ちても大丈夫。再申請をサポートします」と書いてあれば興味を持つわけです。

もしくは、創業融資について先輩に相談するよりも前のタイミングを狙う方法もあります。

例えば、これから飲食店を開業しようとする人は「飲食店 開業方法」と検索するかもしれません。

その瞬間を狙って、「飲食店開業時の資金はどう集める?金利が低い創業融資を受ける方法教えます」みたいな広告文を表示すれば、クリックされる確率が高いですよね。

そして、サイト内で「創業融資で成功・失敗するポイント」を教えてあげて「無料相談はこちら」と導線を作ってあげる。

・・・こんな感じで、顧客の行動と心理の「流れ」をイメージして、それに合わせてネット集客の仕組みを作るのが上手くいく秘訣です。

もしあなたがネット集客されるのであれば「顧客にニーズが発生してから購入されるまでの流れ」をイメージするようにしてくださいね。

ABOUT US

榎本元株式会社グットアップ代表取締役
株式会社グットアップ代表取締役|WEB戦略設計士|士業集客サポート歴10年|社労士資格あり|アメブロ、アクセス解析、ランディングページ戦略に関する著書3冊|士業の活躍の機会を増やすことで、世の中の困っている人を一人でも減らし、暗い話題が多い日本を温めたい!という想いで日々ノウハウ研究中。
>詳細プロフィールはこちら


著書:
>ランディングページの教科書
>Yahoo!アクセス解析マスターガイド
>アメブロPerfectGuideBook