SEO初心者が検索1位を狙ってみた!初日からの取り組み全部公開

SEO初心者が検索1位を狙ってみた!

この記事ではSEO初心者が検索1位を狙ってあれこれ試した結果どうなるのか、その過程を記録しつつ、読者の方にもエンタメとして楽しんでもらえればと思って書くものです。

「こんな風に考えて、こんなことをやってみて、その結果どうだったよ」ということを、随時書き足す形で書いていきたいと思います。

SEO対策1日目

Googleは「検索ユーザーが最短で、求めている情報を得られる状態を作りたい」と言っています。

現在、検索結果の上位に表示されている記事は「その検索キーワードで検索しているユーザーにとって、最短で求めている情報を提供している記事」だとGoogleが思っている(評価している)ということですよね。

だったら、それらの記事よりも「より早く、求めている情報を提供する記事」を書けば、検索上位に表示されるはずだよねって考えています。なぜならば、Googleは優秀だから、それが本当にユーザーが求めている記事なのであれば、ちゃんと評価してくれると信じているからです。

ということで、僕のSEO対策の第一歩は、「上位表示したい検索キーワードで実際に検索してみて、検索結果1ページ目に表示される記事にどんなことが書いてあるのかを調査する」ということから始めてみます。

ちなみに、僕が上位表示させようと思っているのは「ランディングページ 作り方」という検索キーワードです。

「ランディングページ 作り方」で実際に検索してみた

実際にGoogleで「ランディングページ 作り方」と検索してみました。検索結果は以下となります。

「ランディングページ 作り方」と検索した時の検索結果画面

検索結果の1つ1つのサイトについて分析してみた

検索結果の上位に表示されたサイトについて、上から順に1つずつどんなことが書いてあるのか表に書き出してみました。

検索結果上位の記事を書き出してまとめる

これにより「ランディングページ 作り方」と検索する人に対してGoogleが「君たちの知りたいことってこれでしょ?」と思っている記事のざっくりした内容が読み取れます。大まかに言うと以下の3つについて書かれています。

  • 成果が出るランディングページの構成について
  • 成果が出るランディングページの立ち上げから運用までの流れ
  • ランディングページを自分で作るためのツールについて

所感としては、どの記事も正直それ程詳しく書いていないので、もっとわかりやすくて役立つ記事は書けそうだなという感じ。ということで、各記事の内容について、さらに詳しく分析を進めていきます。

・・・今日はこの後、打ち合わせがあるので一旦ここまで。続きはまた後日。

SEO対策2日目

昨日の続きです。SEO専門にやっているわけではないので、本業の合いた時間に記事を書くのって大変ですよね・・・でも頑張ります。

今日は競合サイトの分析と、顧客分析を行い、どんな記事を書くかの構成を作るところまでやろうと思います。

まずは顧客分析から

競合サイトの詳細な分析をしてしまうと、そっちの内容にひっぱられてしまうと思ったので、まずは顧客分析から行うことにしました。

顧客分析といっても特別なことをするわけではなくて、「ランディングページ 作り方」と検索する人ってどんなことを知りたいんだろう?もし自分がその検索キーワードで検索するなら何を知りたいかな?」と仮説を立てていきます。

仮説
  • 何から着手したらよいかわからない
  • フローチャートやひな形を探している
  • 作り方の手順書・マニュアルを探している
  • 制作会社の選び方がわからない
  • 自分で作る場合の方法がわからない
  • 反応が良いLPを作る秘訣を知りたい

・・・みたいな感じかなと推測。

というのは、ランディングページを作ったことがある人は「ランディングページ 作り方」などと検索しないと思うので、ランディングページを作ったことが無い初心者の人がターゲットだと思います。

そのような全くランディングページを作ったことが無い人が「ランディングページ 作り方」と検索する際は、「まず何から着手したらよいかわからない」とか「フローチャートや手順書などの参考書を探している」という感じだと思うんです。

また、ランディングページはデザイン制作よりも企画が重要なんて知っている人はいないと思うので、とりあえずランディングページに強い制作会社を調べると思うんです。なので、その際の「良いランディングページ制作会社の選び方」を調べている場合もあると思います。

あとは、いきなり制作会社に依頼するのではなく、まずは自分で作ってみようと思っている人は、ワードプレスとかペライチとか「どんなツールを使って作るのがよいのか」を調べている場合もあると思います。

あとは、そもそもランディングページを作るということは、商品・サービスを売りたいとか、メルマガ登録者数を増やしたいとか、セミナー申込を増やしたいなど目的があるはずなので「成果がでるランディングページの作り方」は必ず知りたいと思います。

こんな仮説を立てつつ、競合サイトが何について、どの程度詳しく書いているのかを分析していきます。

競合サイトの内容を分析

競合サイトの分析をどのようにやろうかと考え、とりあえずマインドマップに書き出してみようと思いました。

検索結果上位のサイトを読みながら見出しを書き出してまとめる

検索上位のサイトを読みながら、見出しを書き出して、何についてどの程度詳しく書いているのかを把握していきました。所感についてはGoogleスプレッドシートに書いていきました。

分析してみてわかったことは、1位の記事が最もバランス良く全体的なことを説明しているということ。2位の記事は全体の網羅性には劣るものの、ランディングページの各セクションの解説については1位の記事よりも詳しい点が評価されている気がする。その他の記事は1位と2位の劣化版みたいな感じ。

ただ、結局どの記事でも「実際に売れるランディングページを作るための具体的な作り方(実務の進め方)」は書いていないという感想でした。大まかな流れを説明しているだけで、用語や概念の説明はしているけれど、これを読んでも「で、結局どうしらたよいの?」ってなると思う。

なので、僕は他の記事と同じような記事を書いても役に立たないと思うので、実際に成果が出ているサイトを作った方法を手順に沿って解説していって、用語とか難しいことはわからないけれど、とりあえずこの通りにやれば「ランディングページが作れる」というマニュアル的な記事を書いてみようかなぁと思ったり思わなかったりしています。

あんまりネタばらししちゃうと僕の仕事が無くなるので(苦笑)、どんな感じでノウハウを出していくかは要検討です。とりあず今日はこのモヤッとした状態で終わりにして、目次構成は明日、頭がスッキリしている時にやろうと思います。

SEO対策3日目

今日は昨日のモヤッとした状態の続きからで、とりあえず「ランディングページの作り方」について記事を書いてアップするところまで頑張ろうと思います。

検索上位の他の記事に書いてあるのは「ランディングページの構成」と「ランディングページを使って集客するざっくりした流れ」なので、僕はそれとは違う切り口で記事を書いてみようと思いました。だって、Googleはオリジナリティのある記事を評価すると聞いたので、僕の実体験に基づく記事を書いたほうが評価されやすいのかなと思って。

記事の企画書作成

で、まずは「ランディングページ 作り方」で検索する人について、自分なりに分析して記事の企画を作りました。

実際の記事の企画書

手書きで読みにくくてすいません。記事を書く時は自分で作ったヒアリングシートがあって、それに沿って書き出して記事の企画書を作っていきます。

とりあえず記事作成

それで、この企画書をもとに肉付けして、こんな記事を書いてみました。

>>まず最初に何をする?初めてのランディングページ作り方ガイド

さらっと書いた記事なので内容が薄いのですが、競合の記事と比べると異なる切り口で書いた記事なので、これがGoogle検索にどう評価されるのかを見てみたいなと思います。

個人的には「初めてランディングページを作る人が最初に何をしたらよいのか」を少しだけ具体的に書いたので、たぶん役に立つ記事だと思うんですよ。なので、Googleも「読者に役立つ記事書くやんけ!」ということで評価してくれて、上位に表示されるのかなぁ・・・とか期待しているのですが、SEOってそんなに甘くないんですかね!?

良い感じで上がるのか、全く上がらないのか、その結果を見て改めて仮説を立てて対策していこうと思います。

GoogleサーチコンソールでURL登録して終わり

Googleサーチコンソールで書いた記事をGoogle検索に登録

書いた記事を早くGoogle検索に登録したいのでGoogleサーチコンソールで「インデックス登録」して今日は終わります。どんな結果が出るか楽しみですね~。

ABOUT US

榎本元株式会社グットアップ代表取締役
ランディングページ集客の専門家。
現在は愛犬のポメラニアンと静岡県でのんびり暮らしながら、日々ランディングページ集客の研究をしています。

著書:ランディングページの教科書Yahoo!アクセス解析マスターガイドアメブロPerfectGuideBook