ランディングページと普通のホームページの効果は違うの?

ランディングページと普通のホームページの効果は違うの?

縦長ランディングページと普通のホームページ(コーポレートサイト)は、見るからに見た目が異なりますが、どちらの方が効果があるのでしょうか?

縦長ランディングページとコーポレートサイトは目的が異なる

縦長ランディングページと普通のホームページ(コーポレートサイト)は何が違うのかというと、見た目が違うのはもちろんなのですが、一番違うのは「目的・役割」です。

コーポレートサイトは会社の自己紹介が目的

一般的に、普通のホームページ(コーポレートサイト)の役割は、会社の情報を来訪者に素早く、正確に伝えることです。

about_us-

コーポレートサイトとは会社概要などを分かりやすくまとめたサイト(ページ)です。

縦長ランディングページはユーザーに行動させることが目的

一方、縦長ランディングページは、特定のユーザーのニーズに訴求し、購入・申込など具体的な行動(アクション)させることを目的としたものです。

コーポレートサイトが「電話帳」や「会社案内のパンフレット」なのに対して、縦長ランディングページは「通販番組」のようなイメージです。

ランディングページ

縦長ランディングページとは、訪問ユーザーに行動(購入・申込)させるためのサイト(ページ)です。

サイトで売上を生み出すには、サービス・商品の紹介ページではなく、ソリューションを提案するページが必要

会社や個人事業を立ち上げたばかりの時は、コーポレートサイトは必要でしょう。でも、コーポレートサイトを作っただけでは、通常はサイトからの売上は伸びません。

サイトで売上を生み出すには、会社概要を早く正確に伝えるコーポレートサイトを作るだけでは駄目です。

また、自社の商品・サービスを紹介するページを作っても駄目です。

訪問者は「商品・サービスが欲しい」のではなく、「自分のニーズを満たす解決策が欲しい」のです。

つまり、「自社の商品・サービスはこうです」と説明するサイト(ページ)を作るのではなく、「あなたの抱えている問題を解決するにはこうすると良いですよ」と解決策を提案し、自社の商品・サービスを利用すればそれが実現できることを教えてあげるサイト(ページ)を作る必要があります。

このように、ランディングページと普通のホームページ(コーポレートサイト)は、その効果も目的も違うのです。