売れるランディングページのライティングは◯◯を意識すべし

ランディングページの文章を作成するコツは、顧客に「選ぶポイントを教えてあげること」です。

顧客が検索するときは、何かに困って解決策を探しているわけですよね。

で、Googleで検索すれば、検索結果(解決策)がいっぱい出てくる。

じゃあ、解決方法がたくさん出てきたから顧客の悩みが解決したかというと解決しないんですよ。

なぜだと思いますか?

どの解決方法が自分に一番合っているかわからないから。つまり、選ぶポイントがわからないからです。

どのサイトも「自分のサービスはここが素晴らしい」と言っているだけの場合が多くて、それだと「どれも良さそうで、結局どれを選んだらよいかわからない・・・」と選べないんですよ。

知りたいのは、どの方法もメリットがあるのはわかるけれど、今の自分にぴったりなのはどういうサービスなのかな?ってことですよね。

なので、ランディングページで文章を作成するコツは、「自分に合ったサービスの選び方がわからない相手に、自分にぴったりのサービスを選ぶ方法(基準)」を教えてあげる文章を作ることなんです。

例えば、僕はランディングページ集客の専門家ですが、すべて人の、すべてのケースでランディングページ集客がフィットするわけではないわけです。

なので、「ネット集客がしたい人には、◯◯と××の方法がある。こういう人は◯◯の方法を選ぶと良いよ。そうじゃない人は××の方法を選ぶと良いよ。

みたいな感じで文章を書くのが、良いランディングページの文章を作成する基本的なマインドです。

でも、これができているランディングページは残念ながらあまり無いんですよ。ランディングページに限らず、ホームページ内のサービスページも同様です。

みんな自分はここが凄いとアピールしているだけのオナニー記事が多い。

自分が気持ちよくなるためだけの「自分視点の記事」ではなく、相手が知りたいことは何か、相手のニーズを満たす「相手視点の記事」を作っていきましょう。

ご自分のランディングページの文章を見直してみてください。ちゃんと「サービスを選ぶポイント」が書かれていますか?

自分が伝えたいアピールポイントが「選ばれる5つの理由」みたいな感じで書いてあるだけのページになっていませんか?

相手視点でランディングページの文章を書けば、自然と売れるランディングページの文章が書けますよ。

榎本へのネット集客の初回無料相談はこちらからご連絡くださいませ。