システム会社がウェブ集客する際に最初にやるべきこととは?

システム会社がウェブ集客する際に最初にやるべきことは、サービスのパッケージ化です。

世の中にプログラマーはたくさんいますが、ノンプログラマーの立場では、正直違いがわかりません。

違いがわからないので、誰にお願いするのがよいのかわからず、お願いすることができません。

そのような場合は、サービス内容(成果物)を見える化し、いくらで、どのような成果物を作ってくれるのかがわかるようにしてあげると、ウェブで依頼がもらいやすくなります。

例えば、こちらのサービス。

WebアプリのMVPを開発する「1day開発」サービス

こちらは株式会社イメジンさんのサービスですが、「実用最小限の機能のみを実装したプロトタイプ(MVP)を、1日で、50万円で作る」という成果が明確なので依頼しやすいです。

もちろん、詳細については実際に打ち合わせして詰めることが必要ですが、まずは「結果がイメージできること」が、Webで集客する際には重要です。

一方、一般的な制作会社に相談すると「できるかどうかわからないけど、作業時間は◯時間は掛かるから最低◯円以上」みたいなホラーな見積りが出てきます。

できるかわからないものにお金は払えませんよね(苦笑)

どうしてこのようなことになってしまうのかというと、お客様視点ではなく自分視点で考えているからだと思います。

開発を依頼しようと考えているお客様が、何に困っていて、どのようなサービスを求めているのかを想像せず、自分の時給のことばかり考えている。

その結果、「できるかどうかわからないけど、最低◯円です」という衝撃の見積りが作成され、開発を依頼する側の立場だと依頼できないんですよ。だから、とりあえず面識があるプログラマーさんに相談してみるという流れになります。なぜならその方が安心だからですね。

なので、まずは「誰の、どのような悩みを、いつまでに、いくらで解決するのか」が明確なサービスプランを作ってホームページ上に掲載することが、システム会社がWebで新規顧客を獲得するためにまず最初にやるべきことです。

榎本へのネット集客の初回無料相談はこちらからご連絡くださいませ。